GMOクラウド Public クラウドコンソール:Zシリーズ

サポートトップ » GMOクラウド Public トップ » クラウドコンソール:Zシリーズ

クラウドコンソールについて

GMOクラウドPublicでは、仮想サーバーの数や仮想CPU/メモリ/ディスク容量といったリソースを自由に設定して利用ができるリソース提供型のパブリッククラウドです。クラウドコンソールは、仮想サーバーの作成やリソースの変更など、様々な変更がインターフェース上から行えるように開発、提供されたツールです。

クラウドコンソールへのアクセス方法

クラウドコンソールへはクラウドポータルの下記項目よりアクセスすることが可能です。シングルサインオン機能を備えているため、ID/パスワードの入力は必要ありません。



クラウドコンソールでできること?

クラウドコンソールでは、仮想サーバーの作成はもとより、クラウドならではのオートスケールアップ/アウトの設定が行えます。詳しくは下記のプラン機能表をご参照ください。

機能 動作
仮想サーバー 基本動作 作成
再起動
リカバリーモードの再起動
シャットダウン
マイグレーション
Rootパスワード変更
再インストール
セグリゲーション(分離)
メモ(コメント)の追加
起動
リカバリーモードでの起動
CPU利用率の参照
ネットワーク 追加
設定変更
IPアドレス追加
ファイアーウォール設定
ストレージ ディスクの追加
ディスクの変更
バックアップの設定
バックアップの取得
オートスケールアップ(※) メモリー、スワップ、CPUロード、ディスク、に対して閾値を設定し、その閾値を一定時間以上越えた場合は、仮想サーバーのリソース割当量を増やすようユーザは設定できる。
ロードバランサー(※) ユーザはロードバランサーを作成し、その配下に仮想サーバーを設定できる。
オートスケールアウト(※) メモリー、スワップ、CPUロード、ディスク、に対して閾値を設定し、その閾値を一定時間以上越えた場合は、その仮想サーバーと同じリソースを持つ、仮想サーバーを自動で作成し、それを指定のロードバランサー配下に設置する。
テンプレート システムテンプレート システムテンプレートの利用
ユーザーテンプレート 独自テンプレートの作成
ログ アクションログの参照
ログの詳細参照
ツール 使用状況の確認 仮想サーバーごとの利用状況をダイジェスト表示

※ご利用いただけるのは正規のお申し込み以降となります。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド Public サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ