GMOクラウド Public クラウドコンソール

サポートトップ » GMOクラウド Public トップ » クラウドコンソール

IPアドレスの割り当て方法

IPアドレスの割り当てとは

GMOクラウド Publicでは、クラウドコンソール上からパブリック(グローバル)IPアドレスを仮想サーバーへ割り当てることができます。割り当てを行うことで仮想サーバーにIPアドレスを追加できます。IPアドレスの割り当て(追加)は有償オプションです。)

本ガイドでは、すでに設定されているネットワークインターフェースに対して、グローバルIPアドレスを追加する設定方法を記載しています。新たにネットワークインターフェースを追加する場合は、まずネットワークインターフェースの追加の手順をご参照ください。

STEP1 仮想サーバーを選択

IPアドレスを追加したい仮想サーバーを選択します。左メニューにある[仮想サーバー]をクリックし、一覧の中から該当の仮想サーバーを選択してクリックします。


[ネットワーク]から[IPアドレス]をクリックします。


[新規IPアドレスの割り当て]をクリックします。

STEP2 IPアドレスの割り当て

必要項目に記入し、[IPアドレス割り当ての追加]をクリックします。

ネットワークインターフェース 追加するIPアドレスのネットワークインターフェースを選択(ガイドでは初期で設定されているネットワークインターフェース[eth0]にグローバルIPアドレスを追加)
使用IPアドレスの表示 GMOクラウド Publicでは1つのIPアドレスを複数の仮想サーバーに割り当てることが可能です。
項目を選択すると、既に利用しているIPアドレスだけが表示されます。
※1つのIPアドレスで複数の仮想サーバーを起動することはできません。起動ができる仮想サーバーは1つのみとなるのでご注意ください。
※1つのIPアドレスを併用する場合も割り当てた仮想サーバー分のIPアドレス利用料金が発生いたします。
IPアドレス 任意のポートスピードを入力

STEP3 [ネットワークの再構築]をクリック

STEP4 再起動有無の確認

仮想サーバーの再起動

チェックを有効にすると、グローバルネットワークのSSH接続をすべて許可している場合はネットワークサービスの再起動、接続制限がされている場合は仮想サーバーの再起動が実施されます。

シャットダウン方法
Graceful shutdown Virtual Server(Shuttdown Virtuial Server と同様)
書き込み中などの処理があれば、処理が終わるのを待ってからシャットダウンします
Shuttdown Virtuial Server(通常シャットダウン)
プロセスを終了してシャットダウンします
Powwer OFF Virtual Server(強制シャットダウン)
起動中のプロセスがあっても強制的にシャットダウンします
仮想サーバーの起動

チェックを有効にすると、停止状態の仮想サーバーを起動して処理が完了します。

最後に「ネットワークの再構築」ボタンをクリックします。

STEP5 設定状況の確認

再起動が完了したら、実際にサーバーへログインし、追加したインターフェースとIPアドレスが設定されていることを確認してください。ガイドでは[eth0]に二つ目のグローバルIPアドレスを追加したので、赤枠の項目で追加されたIPアドレスの確認を行っています。

各種管理ツールの設定

仮想サーバーにIPアドレスを割り当てたら、ご利用の管理ツール(GUI)より設定を行います。

※HDE ControllerからはIPアドレスの追加設定は行えません。

コマンド操作について

コマンド操作はサポートをいたしておりません。ガイド以上の内容についてはお答えできかねる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド Public サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ