GMOクラウド Public クラウドコンソール

サポートトップ » GMOクラウド Public トップ » クラウドコンソール

SSHエミュレータを利用したアクセス

GMOクラウドPublicでは、ターミナルエミュレータ(SSH)を利用して、仮想サーバーへアクセスすることができます。当マニュアルでは、Windows版「Poderosa」を例に、接続方法をご説明します。

ターミナルエミュレータ(SSH)

以下のマニュアルで紹介しているPoderosaをご利用の場合は、Poderosaのサイトからダウンロードできます。(Poderosa:ダウンロードサイト)その他にもTeraTermやPuttyといったエミュレータもあるのでご参照ください。

STEP1 クライアントソフト(Poderosa)を起動

ダウンロードしたクライアントソフト(Poderosa)を起動します。起動後、ファイルメニュー内にある[新規Telnet/SSH接続]を選択してください。

STEP2 設定画面を入力

[概要]内にある、[コンソール]を選択します。下記の画面へ遷移するため、[コンソールを開く]をクリックしてください。下記の必要情報を入力し、[OK]ボタンを入力してください。

  • パスワードが不明な場合は、パスワードの変更、確認方法マニュアルをご覧ください。

ホスト名 ご利用ドメイン名またはIPアドレス
プロトコル SSH2(弊社ではSSH2での接続を推奨しております)
ユーザー名 root(初期設定アカウント)
パスフレーズ 仮想サーバー作成時に設定した任意のパスワード
  • 上記以外は特に変更・入力する必要はありません。「ポート」は選択したプロトコルにより自動的に変更されます。

STEP3 アクセス完了

これで、ターミナルエミュレータ(SSH)によるコマンド操作を行うことができます。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド Public サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ