GMOクラウド Public クラウドコンソール

サポートトップ » GMOクラウド Public トップ » クラウドコンソール

オートスケールアウト設定方法

GMOクラウドPublicでは、クラウドコンソールからオートスケールアウトの設定をすることができます。

オートスケールアウトとは

あらかじめ設定しておいたCPUの利用率や残メモリ容量のしきい値を、サーバー負荷の高まりによって一定時間超過した場合に自動的に仮想サーバー(ノード)の数を追加していく機能です。

仮想サーバーにアプリケーション環境を構築したものをOSテンプレート化して、同じ環境の仮想サーバー(ノード)を追加することも可能です。

※WindowsOSをご利用の場合、オートスケールアウト機能は非対応となります。

※オートスケールアウトとしてロードバランサーをご利用されている場合、 配下仮想サーバー(ノード)は、ロードバランサー削除とともに削除されます。必要に応じてバックアップを取るご対応をお願いします。

STEP1 ロードバランサーを新規追加

[ロードバランサーの新規追加]または右上の「+」ボタンをクリックします。

下記の画面に遷移したら、各項目を入力し、[ロードバランサーの種類]にある[オートスケール]にチェックを入れ、[NEXT]をクリックします。
(クラスターのままではオートスケールアウトの機能は利用できないので注意してください。)


Ports 任意のポート番号を指定してください。
「+」ボタンをクリックするとポート番号記入欄が追加されます。
ラベル 【推奨設定】
  • ホスト名には「.(ドット)」を2つ以上含めたドメイン名を設定されることをお勧めします。
    (サーバー内の設定ファイルに反映される為)
  • 「_(アンダースコア)」のご利用はいただけません。
  • 半角英数字のご利用を推奨いたします。
  • 設定後のホスト名の変更は出来ません。
ホスト名
ハイパーバイザーゾーン KVMもしくはXenを選択してください。
ハイパーバイザー 任意のハイパーバイザーを指定してください。
ネットワークゾーン グローバル通信を行う場合 : Public Network Zone
ローカル通信を行う場合 : Local Network Zone
ポートスピード 任意のポートスピードを指定してください。

※グローバルネットワークは100Mbps、ローカルネットワークは512Mbpsまで無料で使用可能です。
※グローバルネットワークについては、101Mbps以上設定される場合は、従量課金が発生します。


Nodes network group ノードのネットワークグループを選択します。
Image template 任意のOSテンプレートを選択します。
※事前に作成したOSテンプレートも選択いただけます。
Min node amount 仮想サーバー(ノード)の最小台数を指定します。
※オートスケールアウトで生成する仮想サーバー(ノード)の最小台数
Max node amount 仮想サーバー(ノード)の最大台数を指定します。
※オートスケールアウトで生成する仮想サーバー(ノード)の最大台数
Memory 仮想サーバー(ノード)のメモリ容量を指定します。
※オートスケールアウトでは同メモリ容量の仮想サーバー(ノード)を複製します。
CPUs 仮想サーバー(ノード)のCPUの個数を指定します。
※オートスケールアウトでは同CPU数の仮想サーバー(ノード)を複製します。
CPU shares CPUの保証率を1~100%の間で指定します。
※指定したCPU使用率が保証されます。
Rate Limit 1Mbps~512Mbpsの間で指定いただきます。
※仮想サーバー(ノード)において指定した回線帯域までのご利用が可能になります。ただし帯域を保証するものではございません。


オートスケールアウトの設定

CPU使用率 チェックマークをクリックするとONになります。
次を上回った場合 仮想サーバー(ノード)のCPU使用率を指定します。
追加 仮想サーバー(ノード)を追加する数を指定します。
時間 チェックする間隔を、5分単位で60分までの間で指定します。
  • 仮想サーバー(ノード)のCPU使用率を上回った状態が指定した間隔分継続した場合、指定個数分の仮想サーバーが自動的に追加されます。

メモリーの残領域 チェックマークをクリックするとONになります。
次を下回った場合 仮想サーバー(ノード)の残メモリ容量を指定します。
追加 仮想サーバー(ノード)を追加する数を指定します。
時間 チェックする間隔を、5分単位で60分までの間で指定します。
  • 仮想サーバー(ノード)の残メモリ容量を下回った状態が指定した間隔分継続した場合、指定個数分の仮想サーバーが自動的に追加されます。

オートスケールインの設定

CPU使用率 チェックマークをクリックするとONになります。
次を下回った場合 仮想サーバー(ノード)のCPU使用率を指定します。
削除 仮想サーバー(ノード)を削除する数を指定します。
時間 チェックする間隔を、20分から5分単位で60分までの間で指定します。
  • 仮想サーバー(ノード)のCPU使用率を下回った状態が指定した間隔分継続した場合、指定個数分の仮想サーバーが自動的に削除されます。

メモリの残領域 チェックマークをクリックするとONになります。
次を上回った場合 仮想サーバー(ノード)の残メモリ容量を指定します。
削除 仮想サーバー(ノード)を削除する数を指定します。
時間 チェックする間隔を、20分から5分単位で60分までの間で指定します。
  • 仮想サーバー(ノード)の残メモリ容量を上回った状態が指定した間隔分継続した場合、指定個数分の仮想サーバーが自動的に削除されます。

全て入力後、[保存]をクリックします。


STEP2 ロードバランサーの確認

左メニューの[ロードバランサー]をクリックすると、保存したラベルが表示されます。

左メニューの[仮想サーバー]をクリックすると、オートスケールアップにて自動追加された仮想サーバー(ノード)が表示されます。

オートスケールアウト設定時に発行されるIPアドレス

オートスケールアップを設定すると、上記画面のようにIPアドレスが表示されます。
このIPアドレスは仮想サーバーのIPアドレスとは異なり、オートスケールアップ設定時に自動で割り当てられるIPアドレスです。

1つめがオートスケールアウト用サーバーの本体のIPアドレスで、2つめはDNSに設定するアクセス用のバーチャルIPアドレスです。
3つめ以降はクラスターノードのIPアドレスが表示されます。

※上段のIPアドレスはサービス機能として提供していないため、ご利用になれません。



このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド Public サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ