GMOクラウド Public クラウドコンソール

サポートトップ » GMOクラウド Public トップ » クラウドコンソール

自動バックアップ設定

自動バックアップ機能では、日次、週次、月次、年次の4種類の自動バックアップ取得設定が行えます。
ここでは、自動バックアップの有効化の方法と、スケジュールの編集方法をご説明します。

注意事項

自動バックアップのスケジューリングは、前回タスクの完了後にスケジュールされるため、完了時間によって次回のタスクスケジュールの時間が都度変わります。
日次にチェックを入れていた場合でも、毎日同じ時刻にバックアップが取得されるものではございません。
正確な定時バックアップを必要とされる場合は、サーバーOS側でのタスクスケジューリングをご検討ください。

また、他のお客さまのバックアップタスクも含め一定数のタスクが順次処理されるシステムのため、大きなディスク領域のバックアップタスクが発生した場合や、タスクの混雑状況により、タスク登録から取得完了までに時間を要する場合やエラーとなってしまう場合がございます。
※エラーとなった場合には、お手数ですが、手動にて再度バックアップをお試しください。

年次、月次、週次、日次の順でタスクが処理されるため、必要とするスケジューリングのみをアクティブ化することにより、タスク滞留を軽減いただけます。

STEP1 仮想サーバーを選択

バックアップをしたい仮想サーバーを選択します。左メニューにある[仮想サーバー]をクリックし、一覧から該当の仮想サーバーをクリックします。

STEP2 [ディスク]メニューへアクセス

上メニューの[ストレージ]メニューより、[ディスク]をクリックし、自動バックアップを[有効]にします。
※仮想サーバー作成時に「自動バックアップを行う」にチェックを入れた場合は、作成時より[有効]となっています


確認画面で[OK]をクリックします。


自動バックアップによるバックアップ取得状況は[バックアップ]メニューの[バックアップイメージ]より確認できます。

STEP3 自動バックアップスケジュールの削除(編集)

自動バックアップを有効化すると、初期状態で日次、週次、月次、年次の4種類のスケジュールが登録されます。
お客さまの運用に応じ、不要なスケジュールの削除や再追加を行ってください。
※バックアップスケジュールを削除されても、取得済みのバックアップは削除されません。

ディスクメニュー画面で[アクション]をクリックし、「バックアップのスケジュール]をクリックします。


日次、週次、月次、年次の4つのスケジュールが表示されます。
削除したいスケジュールの右側の[アクション]の[削除]をクリックします。

STEP4 自動バックアップのスケジュールの追加

スケジュールの削除後、再追加する場合は、[新規スケジュール]をクリックします。
再追加の際は、バックアップ実行間隔を任意で設定できます。
※スケジュールの登録は、日次、週次、月次、年次がそれぞれ1つずつで最大4つまでです。
 既に登録済みの期間タイプ(日、週、月、年)については重複登録はできません。


スケジュール設定を入力・選択し、[保存]をクリックします。

間隔 各世代でのバックアップ実行間隔です。日次の場合は何日ごとに実行するかの設定となります。
期間 日、週、月、年の4世代より選択できます。
有効化 チェックします(無効とした場合、有効にするにはスケジュール削除、再登録が必要となります)

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド Public サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ