GMOクラウド Private VMware vCloud Director マニュアル [詳細編]

サポートトップ » GMOクラウド Privateトップ » ガイド » VMware vCloud Director マニュアル [詳細編]

仮想マシンの操作

「仮想マシン」はvCloud Director上から物理的なマシンと同様に操作ができる他、Webコンソール上でCPUの個数やメモリ。ディスクの構成といったハードウェア構成を変更することができます。
これらの個別の操作について、簡単に手順をご紹介いたします。

プロパティ

プロパティの設定で、「vApp」の起動/停止を行う際の挙動を設定することができます。
DBやWebなどの複数のサーバを連携させたシステムでは、起動および停止時の操作の順序が重要となります。
「vApp」のプロパティでは、「仮想マシンの起動と停止」の設定を行う事でこれらの操作を自動化する事が可能となります。

対象の「仮想マシン」を選択し、一番右端の歯車アイコンを押して「メニュー」を表示させます。

「メニュー」から【プロパティ】を選択します。

最初に「全般」のタブが表示されます。
この画面では仮想マシン名やコンピュータ名、OSの種別を変更することができます。
また「仮想マシン」が起動した状態でのCPUやメモリの追加に対応したOSを利用している場合、事前に「仮想CPUホット アド」と「メモリ ホット アド」を有効にしておくことで、これらの機能を利用することができるようになります。

  • 「ホット アド」機能は「仮想マシン」がパワーオフの状態でしか有効にできません。

【ハードウェア】のタブを選択すると、「仮想マシン」のハードウェア構成を変更できます。
CPU、メモリの増減。ハードディスクの容量、ドライブの追加。
またIPアドレスやネットワークの接続先などの、ネットワークアダプタ(NIC)に関する設定の変更が可能です。

  • ディスク追加およびネットワークの接続以外の操作は、基本的に「仮想マシン」がパワーオフの状態の時のみしか行えません。例外として、前述の「ホット アド」に対応したOSについてはパワーオン状態での変更することが可能となっています。

【ゲストOSのカスタマイズ】タブを選択すると、OSの設定を変更することができます。
「パスワードのリセット」で管理者パスワードを強制変更できる他、WindowsのSIDや所属ドメインの変更が可能です。

  • これらの機能を使うためにはVMware Toolsをインストールした上で、「仮想マシン」がパワーオフの状態で「ゲストのカスタマイズを有効化」にチェックを入れる必要があります。

必要な設定が終わったら、【OK】ボタンを押して変更を確定させてください。

パワーオン

「パワーオン」は、対象の「仮想サーバ」を起動させます。
物理的な筐体で電源ボタンを押し込むのと同じく、「仮想マシン」に電源が投入され一連の起動シーケンスが開始されます。

対象の「仮想マシン」を選択し、左から2つめの再生アイコンを押すと「仮想マシン」が起動します。

パワーオフ

「パワーオフ」は、対象の「仮想サーバ」を停止させます。
物理的な筐体で電源ボタンを押し込むのと同じく、「仮想マシン」の電源を遮断します。

  • この操作は「vApp」のプロパティにある「アクションを停止」の影響を受けるため、この項目で「シャットダウン」を選択している場合はVMware Toolsによりシャットダウンプロセスの実行後に電源が遮断されます。

対象の「仮想マシン」を選択し、左から4つめの停止アイコンを押すと「仮想マシン」が停止します。

サスペンド

「サスペンド」は、対象の「仮想サーバ」を一時停止させます。
「vApp」内での操作と同様に、「仮想サーバ」が利用していたCPUパワーやメモリを一時的に開放することができます。
シャットダウンではなく、データを保持したままでの一時的な完全停止となるため、OS側が基本的には想定していない動作となる事をご理解ください。

対象の「仮想マシン」を選択し、左から3つめの一時停止アイコンを押すと「仮想マシン」が一時停止します。

リセット

「リセット」は、対象の「仮想サーバ」を再起動させます。
物理的な筐体でリセットボタンを押し込むのと同じく、「仮想マシン」のリセットを実施します。

対象の「仮想マシン」を選択し、右から3つめの矢印が円形になったアイコンを押すと「仮想マシン」をリセットします。

カタログからCDを挿入

「カタログからCDを挿入」は、対象の「仮想サーバ」にディスクメディアを挿入します。
物理的な筐体でCD/DVDトレイにメディアを挿入するのと同じく、「仮想マシン」のドライブにディスクメディアを挿入した状態にします。

  • あらかじめ、メディアイメージのISOファイルをカタログに登録しておく必要があります。

対象の「仮想マシン」を選択し、右から2つめの光ディスクアイコンを押すと「CDを挿入」メニューが開きます。

挿入したいメディアイメージを選択し、【挿入】ボタンを押してください。

削除

「仮想マシン」を削除することができます。

  • 「削除」は「仮想マシン」の電源がオフの状態でしか実行出来ません。
  • 「仮想マシン」の削除は割り当てたディスク領域を含めて撤去されるので、保存されたデータを事前に退避しておくなど十分に注意した上で実施してください。

対象の「仮想マシン」を選択し、一番右端の歯車アイコンを押して「メニュー」を表示させます。

「メニュー」から【削除】を選択し、削除確認の画面にて【はい】を選択すると削除が実施されます。

コピー/移動

「仮想マシン」のコピーを作成や、他の「vApp」への移動を行います。

  • コピー/移動は「仮想マシン」の電源がオフの状態でしか実行出来ません。

対象の「仮想マシン」を選択し、一番右端の歯車アイコンを押して「メニュー」を表示させます。

「メニュー」から【コピー】もしくは【移動】を選択します。

最初に「ターゲットvAppの選択」画面が表示されます。
ここでコピー/移動先となる「vApp」の選択して、【次へ】ボタンを押してください。

「リソースの構成」画面が表示されます。
コピー/移動先に同じ名前の「仮想マシン」がある場合は、名前を変更する必要があります。
「ストレージプロファイル」については変更の必要はありません。
入力内容を確認し、【次へ】ボタンを押してください。

「仮想マシンの構成」画面が表示されます。
「コンピュータ名」を、「仮想マシン名」に合わせて変更して下さい。
通常は「ネットワーク」の接続先を変更する必要はありません。
「IPの割り当て」については、コピー/移動元となる「仮想マシン」と異なるものに変更の必要があります。
入力内容を確認し、【次へ】ボタンを押してください。

「ネットワークの構成」画面で、設定したネットワークの情報が表示されます。
表示内容を確認し、【次へ】ボタンを押してください。

以上で、コピー/移動に必要な設定は完了となります。
設定内容を確認した上で、【完了】ボタンを押すとコピー/移動が実行されます。

スナップショットの作成

「スナップショット」は、その時点での「仮想マシン」の状態を1つだけ保存することができます。
何らかの作業を実施する前に、簡単なバックアップの取得として利用することができます。

  • メモリ状態も含め「仮想マシン」の状態を保存するため、電源がオンの状態でも実施が可能です。
    しかし、時間も含めたすべての状態が巻き戻りの影響を受けるため、可能な限り電源がオフの状態での実施を推奨いたします。

対象の「仮想マシン」を選択し、一番右端の歯車アイコンを押して「メニュー」を表示させます。

「メニュー」から【スナップショットの作成】を選択します。

「スナップショットの作成」画面が表示されます。
起動中の「仮想マシン」で実行した場合は、下記の2つのオプションが選択可能です。

仮想マシンのメモリを
スナップショットする
仮想マシンのメモリ状態をスナップショットに含めることで、処理途中のデータが保存されます。
ゲスト ファイル システムを
休止する
ディスクへのデータの書き込みを一時的に停止させ、スナップショット中にデータが変更されることを防ぎます。

ご注意

オプションを選択した場合でも、DB等が動作中の状態で作成した「スナップショット」についてデータの破損が発生する可能性が高くなります。必ず破損の可能性を考慮した上で、利用の可否を検討して下さい。

停止中の「仮想マシン」で実行した場合は、オプションは選択出来ません。
この停止中の状態では「仮想マシン」の確実なスナップショット作成が可能となります。
【OK】ボタンを押すと、スナップショットが開始されます。

スナップショットの作成には時間がかかりますので、終了まで少々お待ちください。

スナップショットに戻す

「仮想マシン」の状態を、作成済みの「スナップショット」の時点に戻します。

  • 設定だけでなく、ディスクに書き込まれたデータ等も含めて「スナップショットの作成」時の状態に戻ります。作成後に更新されたデータはすべて削除されるため、実行時は十分に注意して下さい。

対象の「仮想マシン」を選択し、一番右端の歯車アイコンを押して「メニュー」を表示させます。

「メニュー」から【スナップショットに戻す】を選択し、確認画面にて【はい】を選択すると「仮想マシン」が「スナップショットの作成」時の状態に戻ります。

スナップショットの削除

作成済みの「スナップショット」を削除します

  • 誤って過去に作成した「スナップショット」に戻してしまう等の事故を防止するため、作成したスナップショットは定期的に削除することを推奨します。

対象の「仮想マシン」を選択し、一番右端の歯車アイコンを押して「メニュー」を表示させます。

「メニュー」から【スナップショットの削除】を選択し、削除確認の画面にて【はい】を選択すると削除が実施されます。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド Private サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ