GMOクラウド 専用サーバー Windows Server 2003

サポートトップ » GMOクラウド 専用サーバー トップ » Windows Server 2003

メールサーバーの構築

Windows Server 2003には小規模なメール・システムを構築する場合に利用できるSMTP/POP3サービスが既に用意されています。これを利用すれば、ローカルで管理できる簡易的なメール・システムを容易に構築することが出来ます。

本マニュアルではPOP/SMTPサービスのインストールからドメインを利用してのメール送受信を行うまでの設定をご案内いたします。

POPサーバーの設定

Windows2003serverでは標準でPOPサービスがインストールされています。
以下の手順にてPOPサーバーの設定を行います。

スタート>サーバーの役割管理

サーバーの役割管理

メールサーバー(POP、SMTP)>このメールサーバーを管理する

このメールサーバーを管理する

POP3の画面が開いたら、新しいドメインをクリックしドメイン名を入力します。(ここではexample.comを設定します)

ドメイン名を入力

引き続きメールを受け取るメールボックス(ユーザー)を作成します。
POP3サービス内に先ほど作成したドメインが作成されていることを確認し、クリックします。
右ペインのメールボックスの追加をクリックしユーザー名と認証用のパスワードを入力します(ここではuser1という名前のユーザーを作成します)

ユーザー名と認証用のパスワードを入力

下記のメッセージが表示され正常にユーザーが追加されたことを確認します。

OK

これでユーザーが追加されuser1@example.comのドメインでメールを受信する準備が整いました。

Windowsファイアーウォールの設定を変更することでメールの受信が行えるようになります。

作成されたWindowsのユーザーは、デフォルトでは「POP3 Users」というグループにのみ属する状態になります。このグループはPOP3の認証およびメール・ボックスのアクセスにのみ利用されるグループでコンピュータにローカル・ログオンすることはできません。
作成されたユーザーは下記の方法で確認することも出来ます。

スタート>管理ツール>コンピュータの管理>ローカルユーザーとグループ>ユーザー

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド 専用サーバー サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ