GMOクラウド 専用サーバー活用ガイド

サポートトップ » GMOクラウド 専用サーバー トップ » サーバー活用ガイド

DoS攻撃

DoS攻撃とはサービス妨害攻撃と呼ばれるインターネット経由での不正アクセスの一つで、サーバーに大量のデータやパケットを送りつけるなどの不正な攻撃を指します。
DoS攻撃は攻撃対象のシステムがサービスを提供できないようにしたり、システムそのものをダウンさせたりします。特にWEBサーバーやDNSサーバーを標的として妨害する攻撃が行われています。
たとえて言うならば、無言電話やイタズラ電話を大量にかけて、相手の業務を妨害するという攻撃です。

DoS攻撃には以下のような種類があります。代表的なものをご紹介します。

SYN FLOOD攻撃

SYN FLOOD攻撃はTCPサービスに対し、接続要求(SYNパケット)を大量に送りつけ、そのサービスの処理能力を消費させる攻撃です。サーバー側のメモリが消費尽くされ、接続を受け付けられない状態に陥ってしまいます。

Smurf攻撃

Smurf攻撃は、送信元を偽造したpingコマンドで使用されるパケットを利用し、パケットを大量にターゲットに送り付ける攻撃です。サーバーやネットワークに過重な負荷を発生させます。

DDoS(Distributed Denial of Service:分散型サービス拒否攻撃)

DDoS攻撃は分散型の攻撃方法が取られるため、DoS攻撃の中では最も強力です。複数台のコンピューターから、ターゲットとなるサイトに一斉に攻撃しかけることで、正常なアクセスを妨害します。

サーバーがネットワークに置かれている以上、このような攻撃は避けられません。
しかしDoS攻撃は通常のアクセスと見分けがつきにくく対策が難しいのが実状です。

GMOクラウドでは不正アクセスに対して、下記オプションの提供をしております。
よろしければご検討ください。

IDS & ADSオプション

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド 専用サーバー サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ