GMOクラウド 専用サーバー Plesk10

サポートトップ » GMOクラウド 専用サーバー トップ » Plesk10

他Pleskバージョンはこちら

IPアドレスごとに証明書を設定

当ガイドでは、IPアドレスごとに証明書を設定する手順をご案内いたします。設定前に必ず、設定前の注意・準備事項ガイドをご確認ください。

CSRの作成手順

STEP1 [SSL証明書]をクリック
STEP2 [SSL証明書の追加]をクリック
STEP3 必要事項を入力し、[リクエスト]をクリック
証明書名 任意の証明書名
プルダウンメニューより選択
都道府県 都道府県名を入力
都市名 市町村名を入力
組織(企業)名 証明書を取得するサイトの組織(企業)名を入力
部/課名 部署または課の名前を入力(省略可)
ドメイン名 証明書を取得するコモンネームを入力
メールアドレス 連絡先のE-mailアドレスを入力

注意事項

日本語は使用できません。半角英数字のみを入力してください。グローバルサイン社SSL用のCSRは、国名、州名、都市名、組織名、部署名の利用可能文字を以下としています。

半角英数文字、および半角スペース[ ]、ハイフン[-]、ドット[.]、アンダースコア[_]、カンマ[,]、プラス[+]、スラッシュ[/]、かっこ[(]、閉じかっこ[)]

STEP4 追加した証明書名をクリック
STEP5 CSR情報の確認

画面中央部に、CSR情報が表示されています。「-----」を含む文字列が、CSR情報です。

申し込み手続き

SSLのオプション申し込みは、アカウントマネージャーよりお申し込みください。アカウントマネージャー内での申し込み方法については、ヘルプページをご参照ください。

証明書のインストール手順

STEP1 該当の証明書名をクリック
STEP2 証明書名と中間認証局証明書を貼り付け、[テキスト送信]をクリック

登録メールアドレス宛に届く証明書情報を、Pleskに貼り付けます。[テキスト送信]をクリックすると、[注意:警告:CA証明書は認証を受けていません]と表示されますが、Pleskから中間認証局証明書をインストールする際のアラートとなり問題はありません。

グローバルサインのSSLをご利用いただくにあたって

サーバー証明書インストールの際には、Webサーバーに中間認証局証明書を設定する必要があります。
中間認証局証明書は「SHA-2」となります。以下グローバルサイン社のサイトよりダウンロードしてご利用ください。
ダウンロードしたファイルをメモ帳などのテキストエディタで開くことも可能ですので、コピー&ペーストで設定するようなWEBサーバーの場合にはご利用ください。

STEP3 インストール完了

正常にインストールが完了すると、「情報: SSL 証明書 gmocloud_ipbase が作成されました。」と表示されます。

証明書の割り当て

証明書をインストールしただけではご利用できませんので、割り当て設定を行います。

STEP1 [IPアドレス]をクリック
STEP2 該当のIPアドレスをクリック
STEP3 追加した証明書名を選択し、[OK]をクリック

成功すると、「情報:IPアドレス***.***.***.***のプロパティが変更されました。」と表示されます。

STEP4 割り当て状況の確認

SSL証明書メニューへアクセスします。

使用欄に該当IPアドレスに紐付いているドメイン名と同等であれば、割り当て完了です。

STEP5 接続確認

ブラウザにて接続確認(URL:https://コモンネーム/に接続)をしてください。問題なく証明書設定がされていれば、SSLの設定は完了です。

設定が反映されない場合

通常、SSLの設定が完了するとWebサーバーの再起動が自動で実行されますが、確認するタイミングによってはまだ実行されていない場合があります。その場合には、Webサーバーの再起動を実行し、再度証明書の反映をご確認ください。再起動方法は、サービス管理のガイドをご参照ください。

SSL証明書のバックアップ方法

証明書と秘密鍵は、バックアップを取っておくことをお勧めします。Plesk上からであれば、CSR・秘密鍵・証明書・CA証明書(中間認証局証明書)をまとめてバックアップすることが可能です。
以下項目のフロッピーディスクのアイコンよりお試しください。保存いただいたファイルは、ワードパッドなどのエディタにてご確認ください。

本マニュアルをご利用したことにより、お客さま又は第三者に生じた損害について、当社の過失の有無やその程度に関わらず、一切の責任は負いかねますのでご了承ください。