GMOクラウド Public クラウドコンソール

サポートトップ » GMOクラウド Public トップ » クラウドコンソール

ロードバランサー(クラスター)設定

GMOクラウドPublicでは、クラウドコンソールからロードバランサーの設定をすることができます。

ロードバランサーとは

ロードバランサーを利用することにより、大量アクセスやデータを複数サーバーに振り分けて、負荷を分散することが可能です。

事前準備

ロードバランサーを設定したい仮想サーバーを必要な台数あらかじめ設定します。設定した仮想サーバーは左メニューにある[仮想サーバー]をクリックし、表示された画面から確認できます。

ロードバランサーに設定する仮想サーバーは、第三オクテットまで同一のIPアドレスが設定されている必要があります。第三オクテットが異なる場合には、物理ネットワークの確認と追加および、IPアドレスの割り当て方法のガイドをもとに、対象サーバーを同一の第三オクテットに変更してください。

例)下記のように、「xxx.xxx.xxx」までが同一のIPアドレスであれば、ロードバランサーへの設定が可能です。
 仮想サーバー#1:xxx.xxx.xxx.123
 仮想サーバー#2:xxx.xxx.xxx.45

注意事項

OSテンプレートに「Windows」を選択されている場合にはご利用いただけません。

STEP1 ロードバランサーの新規追加

左メニューにある[ロードバランサー]をクリックし、画面右下に表示される[ロードバランサーの新規追加]をクリックします。

STEP2 ロードバランサーを設定

ロードバランサーに設定する[Port][ラベル][ホスト名]を入力し、ポートスピードを選択します。

仮想サーバーの下向き矢印をクリックするとプルダウンメニュー画面が表示されるので、ロードバランサーに設定する仮想サーバーを選択し、[ノードの追加]をクリックします。

  • ロードバランサーに設定する仮想サーバーの台数分、ここでノードの追加をします。
  • 1台目の仮想サーバーを選択すると、その仮想サーバーと同じネットワークの仮想サーバーのみ、追加が可能になります。
クラスタ設定

対象のポート番号を入力します。[十字マーク]をクリックすることにより、複数のポート番号を設定することができます。

ロードバランサーのインスタンス

ロードバランサーのインスタンスを入力します。
各項目は任意となります。管理の都合上、ラベル名とホスト名を統一することをお勧めいたします。

注意事項

  • ラベル名に2バイト文字やスペースをご利用の場合、起動されない・構築がうまくいかない等の不具合を確認しております。
    半角英数字で設定をしてください。また、「_(アンダースコア)」はご利用いただけません。
  • ロードバランサーのハイパーバイザーゾーン(KVM/Xen)と、配下の仮想サーバーは同一のハイパーバイザーゾーンである必要があります。
  • ロードバランサーのメモリ、ディスクサイズ、CPUコア数および占有率は固定のため変更ができません。

ロードバランサーの種類

クラスターまたはオートスケール(オートスケールアウト)を選択します。
※オートスケールアウトは、オートスケールアウト設定方法を参照してください。

クラスターノード

負荷分散させる仮想サーバーの追加をします。仮想サーバーの選択をし、[ノードの追加]をクリックしてください。

全ての設定が完了したら、[保存]をクリックします。

ロードバランサーの設定が完了すると、下記の画面に遷移します。黄緑色の枠内に「ロードバランサーは作成されました」というメッセージが表示され、ラベル・IPアドレスが表示され、電源状態が[ON]となります。

DNSに設定するIPアドレスについて

ロードバランサーを設定すると、下記画面のようにIPアドレスが表示されます。このIPアドレスは仮想サーバーのIPアドレスとは異なり、ロードバランサー設定時に自動で割り当てられるIPアドレスです。

割り当てられるIPアドレスは2つありますが、DNSに設定されるIPアドレスは下段のIPアドレスをご利用ください。

負荷分散の割合

負荷分散の割合は、追加したノードに均等に分散されます。
例えばノードを2つ追加した場合には、【50:50】の割合で負荷分散が行われます。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド Public サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ