GMOクラウド Public クラウドコンソール

サポートトップ » GMOクラウド Public トップ » クラウドコンソール

オートスケールアップ設定方法

GMOクラウドPublicでは、クラウドコンソールからオートスケールアップの設定をすることができます。

オートスケールアップとは

仮想サーバー単体の能力を、決められたポリシーのもと自動的にアップさせる機能です。

ご利用いただける環境

当機能をご利用いただけるOSテンプレートは、下記の表をご確認ください。

  CentOS Ubuntu Debian Fedora WindowsOS
多機能ゾーン(Xen) ×
高速ゾーン(KVM) ×
STEP1 オートスケールアップの設定画面へアクセス

オートスケールアップは仮想サーバー設定時とは別に、どのようなタイミングでどのリソースをスケールアップするかのポリシーを設定が必要です。

仮想サーバーの詳細メニュー内にある、下記項目よりオートスケールアップの設定画面にアクセスしてください。

STEP2 オートスケールアップのポリシー設定

どういった基準でオートスケールアップを行うのか、ポリシー設定を行います。この設定を行っていない限り、オートスケールアップが行われることはありません。
該当リソースにスケール条件、追加リソースの数値を入力後[適用]をクリックしてください。

設定前の注意事項

オートスケールアップの設定前に、必ず下記注意事項をご確認ください。

【オートスケールダウンについて】

オートスケールアップしたリソースは、自動でスケールダウン(縮退)はしません。スケールアップ状態をご確認いただき、不要なリソースについては手動で変更を行ってください。

【32bitOS(x86)をご利用の場合のメモリーについて】

32bit(x86)はOSの仕様上、メモリーは4GBまでの認識となります。オートスケールアップにより4GB以上に設定ができてしまいますが、サーバーが立ち上がらなくなる事象を確認しております。スケールアップを設定する際にはご注意ください。(現在、機能制限が行えるか確認中となります。)

【オートスケールアップ時の再起動について】

一部テンプレートを除き、スケールアップ動作時には再起動が発生いたします。
(Xen、Cent OSのテンプレートにおけるメモリ、CPUのスケールアップでは自動での再起動は発生しません。)

【スケールアップ時のマイグレーション発生について】

メモリのオートスケールアップ実行時に、ハイパーバイザーのマイグレーションが自動で発生する場合がございます。

【スケールアップする対象ディスクについて】

オートスケールアップが対象となるディスクは、プライマリディスクです。パーティションの異なるディスクは対象ではありません。

スケール条件とは

該当リソースが何%より上(※)の状態で、何分間継続した場合にスケールアップが行われるかのトリガー設定を行います。 ※スケール条件の定義は、「●%以上」ではなく「●%より上」と定義づけられています。よって、スケール条件として「100%」と設定してしまうと、正常にオートスケールが動作しません。「80%」等、比較的余裕を持った値に設定することをお勧めいたします。

追加リソースとは

スケール条件で設定した条件を満たした場合に、スケールアップする追加リソースと、24時間内でスケールアップする最大値を設定します。

追加リソースの最小値
メモリー 1MB
CPU 1%
ディスク 1GB

設定のタイミング

[適用]ボタンをクリックした段階で、オートスケールアップの設定がされます。その為、追加リソースの24時間基準は[適用]ボタンを押した時間から換算されます。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド Public サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ