GMOクラウド Public クラウドコンソール

サポートトップ » GMOクラウド Public トップ » クラウドコンソール

テンプレートの作成

ユーザーテンプレートとは

GMOパブリッククラウドでは、仮想サーバーのOS環境をカスタマイズしテンプレートとして保存することができます。例えば、仮想サーバーにアプリケーション環境を構築したものをテンプレート化して、同じ環境の仮想サーバーを複製することができます。

※作成したテンプレートの容量は、バックアップ容量に含まれます。
※バックアップ容量は、10GBまで無料で利用可能です。

以下の項目については、新規仮想サーバー作成時の設定に依存するため、テンプレート元の仮想サーバーから複製は行われません。

作成時の仮想サーバの仕様

・CPU、メモリ、ディスクサイズ、ポートスピード
・自動バックアップ、オートスケールアップ設定
・ホスト名、rootパスワード

ネットワーク

・IPアドレス、仮想サーバに付与される仮想NICのMACアドレス
・クラウドコンソールからのファイアーウォール設定

STEP1 バックアップを取得

テンプレート化したい仮想サーバーを選択します。左メニューにある[仮想サーバー]をクリックし、一覧の中から該当の仮想サーバーを選択してクリックします。

下記の画面に遷移したら、[ストレージ]メニューにある[ディスク]を選択します。

ディスク表示の右側の[アクション]の中から「バックアップ]をクリックします。

[バックアップを取得]のアイコンをクリックします。

バックアップの状態が[保留]から[ビルド済み]に変更されるまで待ちます。
状態の進行状況は左メニューにある[ログ]から確認できます。

STEP2 バックアップをテンプレート化

仮想サーバーの[バックアップ]メニューにある[バックアップイメージ]をクリックします。


バックアップの状態が[ビルド済み]に変更されたことを確認し、[テンプレートへコンバート]をクリックします。

下記の画面に遷移するので、ラベル欄に任意のテンプレートの名称を入力し、[バックアップのコンバート]をクリックします。

STEP3 テンプレートの確認

「バックアップ変換はスケジュールされました」と表示されましたら、左メニューにある[テンプレートリスト]をクリックし、[カスタムテンプレート]メニューをクリックします。

表示された一覧の中に設定したテンプレートのラベルがあることを確認します。

STEP4 テンプレートの削除

テンプレートの削除を行う場合は、該当のテンプレートの[アクション]から[テンプレートの削除]をクリックします。


※該当テンプレート使用して作成された仮想サーバーがある場合は、テンプレートの削除が行えませんのでご注意ください。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド Public サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ