GMOクラウド Public クラウドコンソール

サポートトップ » GMOクラウド Public トップ » クラウドコンソール

リソースの変更

仮想サーバー作成時に設定したリソース(メモリ、CPU)を、変更することができます。

注意事項

  • メモリサイズの縮小を行なう際は、仮想サーバーをシャットダウン(停止)を行なってから設定をしてください。
  • ハイパーバイザーに「KVM」をご選択の場合、リソースの変更時に仮想サーバーが停止、起動の動作を行う為、サービス断が発生します。
  • リソース容量を、契約容量を超えて増やす場合や誤った数値を入れてしまった場合、追加のご請求が発生いたしますので注意ください。

STEP1 仮想サーバーを選択

リソースを変更する仮想サーバーを選択します。左メニューにある[仮想サーバー]をクリックし、一覧の中から該当の仮想サーバーを選択してクリックします。

STEP2 リソースの変更を選択

「ツール]メニュー内にある[リソースの変更]をクリックします。

STEP3 リソースの変更

リソースの変更を行います。変更できるリソースは、メモリー・CPUコア数・CPU占有率です。
変更設定が完了したら、[仮想サーバーの保存]をクリックします。

  • ハイパーバイザーにKVMをご利用の場合、CPU占有率は100%となるため変更ができません。

STEP4 リソース変更の完了

下記画面へ遷移し、変更した項目が更新されていれば完了です。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド Public サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ