GMOクラウド Public クラウドコンソール

サポートトップ » GMOクラウド Public トップ » クラウドコンソール

プライマリインターフェースの変更

インターフェースを複数追加している場合、プライマリインターフェースを切り替えることができます。

STEP1 仮想サーバーを選択

仮想サーバーを選択します。左メニューにある[仮想サーバー]をクリックし、一覧から該当の仮想サーバーをクリックします。

STEP2 [ネットワークインターフェース]メニューへアクセス

STEP3 プライマリインターフェースの編集

現在プライマリインターフェースとして設定されているインターフェースの、[鉛筆アイコン]をクリックします。

STEP4 チェックボックスを外し、[ネットワークインターフェースの保存]をクリック

STEP5 プライマリインターフェースの編集

プライマリーインターフェースに設定(有効化)したいインターフェースの[鉛筆アイコン]をクリックします。

STEP6 チェックをし、[ネットワークインターフェースの保存]をクリック

STEP7 [ツール]メニュー内の[ネットワークの再構築]をクリック

STEP8 [ネットワークの再構築]をクリック

仮想サーバーの再起動

チェックを有効にすると、グローバルネットワークのSSH接続をすべて許可している場合はネットワークサービスの再起動、接続制限がされている場合は仮想サーバーの再起動が実施されます。

シャットダウン方法
Graceful shutdown Virtual Server(Shuttdown Virtuial Server と同様)
書き込み中などの処理があれば、処理が終わるのを待ってからシャットダウンします
Shuttdown Virtuial Server(通常シャットダウン)
プロセスを終了してシャットダウンします
Powwer OFF Virtual Server(強制シャットダウン)
起動中のプロセスがあっても強制的にシャットダウンします
仮想サーバーの起動

チェックを有効にすると、停止状態の仮想サーバーを起動して処理が完了します。

STEP9 タスク完了

[RebuildNetwork]のタスクがCompleteすれば完了です。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド Public サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ