GMOクラウド Public クラウドコンソール

サポートトップ » GMOクラウド Public トップ » クラウドコンソール

シャットダウン

GMOクラウドPublicでは、クラウドコントロールのシャットダウン機能を利用して、仮想サーバーを停止することができます。

停止を実施する場合には、コマンドラインではなく、クラウドコンソールから実施してください。

STEP1 仮想サーバーを選択

停止したい仮想サーバーを選択します。左メニューにある[仮想サーバー]をクリックし、一覧の中かから該当の仮想サーバーを選択してクリックします。

STEP2 シャットダウンを選択

[ツール]メニュー内にある、[シャットダウン]をクリックします。

STEP3 シャットダウンを実行

下記のプルダウンメニュー画面が表示されるので、[通常シャットダウン]または[強制シャットダウン]を選択し、、[適用]をクリックしてください。


通常シャットダウン 仮想サーバーのプロセスの終了後、シャットダウン処理を行います。
通常はこちらをご選択ください。
※600秒経過後も停止していなければ、強制シャットダウンとなります。
強制シャットダウン 仮想サーバーを強制的に終了状態にします。

シャットダウンが実行中には、下記の画面が表示されます。
状態が[保留]となり、アクション項目は[お待ちください]と表示されます。


シャットダウンが終了すると、下記の画面が表示されます。
状態が[OFF]となり、アクティビティログのタスクが「complete」となればシャットダウン完了です。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド Public サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ