GMOクラウド Public クラウドコンソール

サポートトップ » GMOクラウド Public トップ » クラウドコンソール

コンソールを利用したアクセス

GMOクラウドPublicでは、クラウドコンソールのコンソール機能を利用して、仮想サーバーへアクセスすることができます。

※コンソール接続でエラーとなる場合は、以下FAQページをご確認ください。

コンソール機能とは?

サーバーに接続されたモニタやキーボードを使わずに、シリアルポート、ケーブル経由でターミナルエミュレータ(SSH)から操作等が行える機能です。ご利用のクライアントPCにターミナルエミュレータ(SSH)がインストールされていなくても、コンソール機能を利用してサーバーへアクセスすることができます。

※コンソール機能では、お客さまの接続元環境から、ポート番号30000~30099番のいずれかを用い接続を行います。
接続元環境より制限が行われている場合は、制限を解除してご利用ください。

STEP1 仮想サーバーを選択

アクセスしたい仮想サーバーを選択します。左メニューにある[仮想サーバー]をクリックし、一覧の中かから該当の仮想サーバーを選択してクリックします。

STEP2 コンソールを開く

[コンソール]をクリックしてください。

STEP3 サーバーへアクセス

コンソール画面はポップアップウィンドウで開きます。ログインIDおよびパスワードは下記となります。

[任意のLabel]login: root
Password: 仮想サーバー作成時に設定した任意のパスワード

  • パスワードが不明な場合は、パスワードの変更、確認方法マニュアルをご覧ください。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド Public サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ