GMOクラウド Public クラウドコンソール

サポートトップ » GMOクラウド Public トップ » クラウドコンソール

オートスケールアップ/ダウン設定方法

GMOクラウドPublicでは、クラウドコンソールからオートスケールアップ/ダウンの設定をすることができます。

オートスケールアップ/ダウンとは

仮想サーバー単体の能力を、決められたポリシーのもと自動的にアップ/ダウンさせる機能です。

※WindowsOSをご利用の場合、オートスケールアップ機能は非対応となります。
※仮想サーバー作成後にオートスケールを有効化される場合、SSH接続をiptablesなどで拒否している場合、 オートスケールに必要なソフトウェアのインストールが行えず、正常にスケールしません。 SSH接続を許可したうえで有効化してください。

STEP1 オートスケールアップの設定画面へアクセス

オートスケールはどのようなタイミングで仮想サーバーのどのリソースをスケールアップ/ダウンするかのポリシー設定が必要です。

仮想サーバー表示の画面下部にある[オートスケール]の項目をオンにします。


下記のポップアップがでますので、「こちら」の文字部分をクリックします。


または、メニューの[概要]の中の[オートスケール]をクリックします。


STEP2 オートスケールのポリシー設定

どういった基準でオートスケールアップ/ダウンを行うのか、ポリシー設定を行います。この設定を行っていない限り、オートスケールアップ/ダウンが行われることはありません。 該当リソースにスケール条件、アップ/ダウンするリソースの数値を入力後[適用]をクリックしてください。

設定前の注意事項

オートスケールアップの設定前に、必ず下記注意事項をご確認ください。

【オートスケールダウンについて】

オートスケールダウンの設定をされていない場合、自動でスケールダウン(縮退)はしません。パックを超えるリソースは従量課金となるため、ご注意ください。

【32bitOS(x86)をご利用の場合のメモリーについて】

32bit(x86)はOSの仕様上、メモリーは4GBまでの認識となります。オートスケールアップにより4GB以上に設定ができてしまいますが、サーバーが立ち上がらなくなる事象を確認しております。スケールアップを設定する際にはご注意ください。

【オートスケールアップ時の再起動について】

一部テンプレートを除き、スケールアップ動作時には再起動が発生いたします。
(Xen、Cent OSのテンプレートにおけるメモリ、CPUのスケールアップでは自動での再起動は発生しません。)

【スケールアップ時のマイグレーション発生について】

メモリのオートスケールアップ実行時に、ハイパーバイザーのマイグレーションが自動で発生する場合がございます。

【スケールアップする対象ディスクについて】

オートスケールアップが対象となるディスクは、プライマリディスクです。パーティションの異なるディスクは対象ではありません。

【スケール条件の設定について】

オートスケールのタスクが完了しないうちに、新たなオートスケールのタスクが実行されると 不整合を引き起こす恐れがございます。
短い継続時間で低いしきい値、少ないリソース追加を設定されると、頻繁にオートスケールの タスクが実施されてしまいますので、スケール条件の設定にはご注意ください。

スケール条件とは

該当リソースが何%より上(※)の状態で、何分間継続した場合にスケールアップが行われるかのトリガー設定を行います。 ※スケール条件の定義は、「●%以上」ではなく「●%より上」と定義づけられています。よって、スケール条件として「100%」と設定してしまうと、正常にオートスケールが動作しません。「80%」等、比較的余裕を持った値に設定することをお勧めいたします。

追加リソースとは

スケール条件で設定した条件を満たした場合に、スケールアップする追加リソースと、24時間内でスケールアップする最大値を設定します。

追加リソースの最小値
メモリー 1MB
CPU 1%
ディスク 1GB
各項目の設定

【メモリ】

スケールアップ


メモリ チェックマークをクリックするとONになります。
時間 チェックする間隔を、5分単位で30分までの間で指定します。
次を上回った場合 スケールアップする基準値を設定します。
追加 増設するメモリ容量を指定します。
最大 増設する最大のメモリ容量を指定します。

スケールダウン


メモリ チェックマークをクリックするとONになります。
時間 チェックする間隔を、5分単位で30分までの間で指定します。
次を下回った場合 スケールダウンする基準値を設定します。
削除 削除するメモリ容量を指定します。

【CPU】

スケールアップ


CPU チェックマークをクリックするとONになります。
時間 チェックする間隔を、5分単位で30分までの間で指定します。
次を上回った場合 スケールアップする基準値を設定します。
追加 増設するCPU使用率を指定します。
最大 増設する最大のCPU使用率を指定します。

スケールダウン


CPU チェックマークをクリックするとONになります。
時間 チェックする間隔を、5分単位で30分までの間で指定します。
次を下回った場合 スケールダウンする基準値を設定します。
削除 削除するCPU使用率を指定します。

【ディスク】

スケールアップ


ディスク チェックマークをクリックするとONになります。
時間 チェックする間隔を、5分単位で30分までの間で指定します。
次を上回った場合 スケールアップする基準値を設定します。
追加 増設するディスク容量を指定します。
最大 増設する最大のディスク容量を指定します。

スケールダウン


ディスク チェックマークをクリックするとONになります。
時間 チェックする間隔を、5分単位で30分までの間で指定します。
次を下回った場合 スケールダウンする基準値を設定します。
削除 削除するディスク容量を指定します。

設定のタイミング

[適用]ボタンをクリックした段階で、オートスケールアップの設定がされます。その為、追加リソースの24時間基準は[適用]ボタンを押した時間から換算されます。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド Public サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ