GMOクラウド Private VMware vCloud Director マニュアル [基本編]

サポートトップ » GMOクラウド Privateトップ » ガイド » VMware vCloud Director マニュアル [基本編]

vAppテンプレートを利用した仮想マシンの作成

「テンプレート」のカタログから、OSインストール済みの「vApp 」を展開します。
左上に表示された「vApp」操作アイコンの中で、一番左の「+」のアイコンを押します。

「vAppテンプレートの選択」画面が表示されるので、検索先を【公開カタログ】に変更します。
表示されたリストから、利用したい「テンプレート」を選択して【次へ】ボタンを押します。


vAPPは仮想マシンをシステムごと等の個別のグループとして扱うことができ、後述する方法で丸ごと複製することができます。

「このvAppの名前を設定」画面が表示されるので、下記の必要事項を入力していきます。

名前 作成されるvAppの名前を入力します(必須)。
説明 システムの概要などを記入できます(空欄でも問題ありません)。

既に作成済みの「vApp」と同じ名前は付けられませんので、別の名前を使用して下さい。
入力が完了したら【次へ】ボタンを押してください。

「リソースの構成」画面が表示されるので、下記の必要事項を入力していきます。

仮想データセンター 変更の必要はありません。
仮想マシン 作成される仮想マシンの名前を設定します(必須)。
ストレージプロファイル 通常は変更の必要はありません。
(使用可能なストレージプロファイルが自動で選択されます)

入力が完了したら【次へ】ボタンを押してください。

「ネットワークの構成」画面が表示されるので、下記の必要事項を入力していきます。

コンピュータ名 仮想マシンのOSが使用するホスト名を入力します(必須)。
ネットワーク 接続先のネットワークを選択してください。

入力が完了したら【次へ】ボタンを押してください。

設定内容を確認し、【完了】ボタンを押してください。

【マイクラウド】ボタンを押して「vApp」の管理画面に移動すると、作成中の「vApp」が表示されます。

「ステータス」が「停止」になれば、「vApp」の展開は完了です。

展開が完了した「vApp」と「仮想マシン」は、電源を入れる事ですぐに使用することができます。
電源の入れ方と、コンソールの操作方法については「OSのインストール」の手順を参照してください。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド Private サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ