GMOクラウド Private VMware vCloud Director マニュアル [基本編]

サポートトップ » GMOクラウド Privateトップ » ガイド » VMware vCloud Director マニュアル [基本編]

vAppと仮想マシンを手動で作成する

ここでは「仮想マシン」を作成し、OSのインストールができる状態にする手順を解説します。

最初に「仮想マシン」を収容するグループである「vApp」を作成します。
新規に「vApp」を構築するため、左から2つめの青いアイコンを押します。

「新規vApp」の作成画面が開くので、下記の必要事項を入力していきます。

名前 vAppの名称を設定します。システム名など分かりやすい名称を入力します(必須)。
説明 システムの概要などを記入できます(空欄でも問題ありません)。
ランタイムリース 『無制限』を選択して下さい。
ストレージリース 『無制限』を選択して下さい。

入力が完了したら【次へ】ボタンを押してください。

続いて「仮想マシン」を追加します。
今回は新規の「仮想マシン」を直接作成するので、まず【新規仮想マシン】ボタンを押します。

「新規仮想マシン」の作成画面が開くので、下記の必要事項を入力していきます。

仮想マシン名 仮想マシンの名称を入力します(必須)。
コンピューター名 仮想マシンのOSが使用するホスト名を入力します(必須)。
説明 システムの概要などを記入できます(空欄でも問題ありません)。
仮想ハードウェア バージョン 『ハードウェア バージョン 8』を選択して下さい。
オペレーティング システム ファミリ 使用するOSの種別を選択して下さい。
オペレーティング システム 使用するOSのバージョンを選択して下さい。
CPU の数 通常は1つを設定します。必要に応じて増減が可能です。
(※最大値は契約メニューによって上下します)
メモリ 使用するOSの推奨メモリを設定します。増減が可能です。
(※最大値は契約メニューによって上下します)
ハード ディスク サイズ 必要となる容量を設定します。必要に応じて追加が可能です。
(※最大値は契約メニューによって上下します)
バス タイプ 通常は表示されたデフォルト値を使用してください
(初期値がVMware側で推奨する方式となります)
NIC の数 初期状態では1つで問題ありません。
(ネットワーク構成に応じて後から増やす事が可能です)

入力が完了したら【OK】ボタンを押してください。

作成した「仮想マシン」が下側のリストに表示されている事を確認します。
表示内容に問題がなければ【次へ】ボタンを押してください。

「リソースの構成」画面が表示されるので、「ストレージプロファイル」を確認します。
(「IQLight」もしくは、お客様ごとに割り当てられたストレージ名が表示されます)
表示内容に問題がなければ【次へ】ボタンを押してください。

「仮想マシンの構成」画面が表示されるので、ネットワーク接続の状態を確認します。
ネットワーク接続は基本、インターネット側に接続されるグローバル回線と、仮想マシン同士が内部で通信を行うローカル回線の2つを提供します。
通常は外部との通信を確保するため、ネットワークにグローバル回線を選択します。
この場合のIPアドレスは「固定-手動」を選択し、開通通知に記載されたIPアドレスを割り当ててください。
各NICの接続先ネットワークと、IPの割り当てを確認します。
設定内容に問題がなければ【次へ】ボタンを押してください。

※ローカル回線を使用する場合はネットワークにローカル回線を選択し、任意にIPアドレスを設定します。

「ネットワークの構成」画面でIPアドレスを確認し、内容に問題がなければ【次へ】ボタンを押してください。

以上で設定は完了となるので、最後に【完了】ボタンを押して「仮想マシン」を作成します。

「仮想マシン」が作成されるまで、しばらくお待ちください。

作成が終わると、ステータスが「停止」へと変われば作成は完了です。

作成された「vApp」の名前を選択すると、「vApp」内のサーバを確認する事ができます。
※1回めの“クリック”で選択、2回めの“クリック”で対象の「vApp」の中身を表示します。

初期画面は「vApp図」となり、こちらで仮想ネットワーク構成の模式図を確認できます。
【仮想マシン】ボタンを押して詳細画面に移動します。

作成されたサーバはこちらに詳細が表示されます。

以降、この画面より作成された「仮想マシン」に対し物理サーバと同様に操作を行います。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド Private サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ