GMOクラウド Private VMware vCloud Director マニュアル [基本編]

サポートトップ » GMOクラウド Privateトップ » ガイド » VMware vCloud Director マニュアル [基本編]

vAppテンプレートの作成

vCloud Directorでは作成した「vApp」をテンプレート化することで、「仮想マシン」のコピーが容易になります。
必要なアプリケーションのインストールと設定を終えた「仮想マシン」を、複数コピーする場合。
複数のマシンで構成したシステムなどで、システム全体を簡単にコピーすることができます。

コンソールから、「vApp」内の全マシンをシャットダウンします。
OSをシャットダウンした状態ではステータスが「一部パワーオフ」の状態となります。
「仮想マシン」を選択し、中央にある停止の四角いアイコンを押して「仮想マシン」の電源を切ります。

ステータスが「パワーオフ」になれば、シャットダウンは完了となります。

次に、「vApp」側のシステム停止を行います。
左側の「マイクラウド」のメニューから【vApp】を選択して、「マイクラウド」のトップに移動します。

対象の「vApp」を選択し、右から2つめの停止の丸で囲んだ四角いアイコンを押して「vApp」を停止します。

ステータスが「停止」になれば、「vApp」の停止は完了となります。

対象の「vApp」を選択し、一番右端の歯車アイコンを押して「メニュー」を表示させます。

「メニュー」から【カタログに追加】を選択します。

「カタログへの追加」画面が表示されるので、下記の必要事項を入力していきます。

名前 カタログ上で表示する名前を入力します(必須)。
説明 システムの概要などを記入できます(空欄でも問題ありません)。
仮想データセンター 変更の必要はありません。
ストレージプロファイル 変更の必要はありません。
カタログ ISOメディアの管理」で作成したカタログを選択します。
ストレージリソース 『無制限』を選択して下さい。

入力が完了したら【OK】ボタンを押してください。

「vApp」のコピーが行われるので、終了までしばらくお待ちください。

「ステータス」の表示が「停止」に戻れば、コピーは終了となります。

では、作成された「vAppテンプレート」を確認してみます。
【カタログ】ボタンを押して、カタログの管理画面に移動します。

「vAppテンプレート」を作成した「カタログ」を選択し、内容を表示させます。

カタログ内の「vAppテンプレート」が表示されます。
先ほど作成した「vAppテンプレート」が存在する事を確認してください。

以後は、この「vAppテンプレート」を利用してインストール済みの「仮想マシン」を増やす事ができます。

ご注意

「vAppテンプレート」は「仮想マシン」と同様にディスク容量を消費します。
作成時は、お客様が利用可能なディスク領域の残量に注意してください。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド Private サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ