GMOクラウド 専用サーバー Windows Server 2008

サポートトップ » GMOクラウド 専用サーバー トップ » Windows Server 2008

WebサイトとFTPサイトの作成

Windows Server 2008でWebサイトをインターネット上に公開するにはIISを利用して、WebサイトとFTPサイトの作成を行ないます。本マニュアルでは、外部へ公開できるWebサイトを作成し、FTPクライアントソフトからWebサイトの公開ディレクトリへファイルをアップロードできるFTPサイトの作成までにいたる環境設定について説明します。

Webサイトの作成

IISからWebサイトを作成します

インターネットインフォーメーションサービス(IIS)マネージャを起動します。

スタート>管理ツール>インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャ

インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャ

「サイト」を右クリック>Webサイトの追加

Webサイトの追加

「Webサイトの追加」で項目ごとに記入します。

  • サイト名:任意の名前を指定
  • 物理パス:C:\inetpub\ドメイン名

※物理パスは任意で指定できますが、Default Web SiteのコンテンツディレクトリがC:\inetpub\ のため、inetpub以下を物理パスに指定することを推奨します。

  • IPアドレス:グローバルIPアドレスを指定
  • ホスト名:ドメイン名を入力
項目ごとに記入
第三者によるWebサイトへのアクセスを許可します

この設定を行うことにより、インターネット経由でWebサイトを参照することができます。

該当のサイト名をクリック>右画面にある「IIS」>「ディレクトリの参照」

ディレクトリの参照

「ディレクトリの参照」を有効にします。

「ディレクトリの参照」を有効に
既定ドキュメントの変更

デフォルトではDefault.htmを優先して表示します。アップロードしたindex.htmlをデフォルトで表示させる場合には、「既定のドキュメント」から設定を変更します。

該当のサイト名をクリック>右画面にある「IIS」>「既定のドキュメント」

既定のドキュメント

優先順位の変更や、既存ドキュメントの追加/削除が行えます。

既存ドキュメント

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド 専用サーバー サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ