GMOクラウド 専用サーバー Windows Server 2008

サポートトップ » GMOクラウド 専用サーバー トップ » Windows Server 2008

メールサーバーの構築

Windows server 2008 ではSMTP仮想サーバーを設定することで、メール送信することができます。しかし、このSMTP仮想サーバーはタスクスケジュール等からメール送信するだけの簡易的なSMTPとなります。メールクライアントソフトでメール送受信するために必要なPOP3やIMAP4を実装しておりません。Outlook等のメールソフトクライアントを利用してメール送受信したい場合は、Exchange Server等のメールアプリケーションが別途必要になります。

初期状態でSMTP仮想サーバーはインストールされています。本マニュアルは、SMTP仮想サーバーの起動方法と第三者中継を禁止するための設定方法のご案内となります。

SMTP仮想サーバーの起動

初期状態でSMTP仮想サーバーはインストールされています。IISにある「SMTP Virtual Server」から設定します。
以下の手順にて、SMTP仮想サーバーを起動します。

スタート>管理ツール>インターネットインフォーメーションサービス(IIS)6.0マネージャ

インターネットインフォーメーションサービス(IIS)6.0マネージャ

「SMTP Virtual Server」を右クリック>開始

開始

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド 専用サーバー サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ