GMOクラウド 専用サーバー Windows Server 2003

サポートトップ » GMOクラウド 専用サーバー トップ » Windows Server 2003

SMTPサーバーの設定

送信用のSMTPサーバーを設定します。SMTPサーバーの設定はIISマネージャから行います。
IISマネージャへは「スタート>管理ツール>インターネット インフォメーション マネージャ(IIS)」へと進みます。
IISマネージャから「既定のSMTP仮想サーバー」を右クリックしプロパティを開きます。

プロパティ

「アクセス」タブをクリックし、「認証」へ進みます。
「匿名アクセス」「統合Windows認証」のチェックボックスにチェックを入れOKをクリックします。

「匿名アクセス」「統合Windows認証」のチェックボックスにチェック

SMTPサービスを稼働させる場合「踏み台」として他人から利用されないよう注意する必要があります。Windows Server 2003のSMTPサービスは,デフォルトでは悪用されないような設定になっていますが、これらの設定は「SMTP仮想サーバーのプロパティ」から設定が可能です。

接続制限ボタン

SMTPサービスへの接続そのものを制限するための指定を行います。中継の制限機能は持ちません。

中継の制限ボタン

「中継の制限」では、中継を許可するIPアドレス群を指定します。ここで許可されたIPアドレス(単一のアドレスやアドレス範囲)もしくはドメイン名のコンピュータからSMTP接続すると、メールの中継が許可される。なおSMTPサービスへの接続そのものをIPアドレスで制限したい場合は、上の「接続制限」を使って制限します。

中継の制限

メールの運用状況に応じてメールの中継を許可するIPを設定します。
以上でメールサーバーの設定は完了となります。

メールの送受信を行うためには、Windowsファイアーウォールで適切なポートが開閉している必要があります。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド 専用サーバー サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ