GMOクラウド 専用サーバー Virtuozzo

サポートトップ » GMOクラウド 専用サーバー トップ » Virtuozzo

3. Parallels Power Panel(PPP)について

3-1/ Parallels Power Panel(PPP)の紹介

仮想サーバーVirtuozzoには、Parallels Power Panel(PPP)と呼ばれる個人用コンテナを管理するWebベースのツールが用意されています。各コンテナの稼動状況やインストールされているアプリケーション等の確認やアプリケーションのインストールが可能です。

■Parallels Power Panel(PPP)画面

Parallels Power Panel(PPP)を使用してコンテナ管理者は以下を実行できます。

  • コンテナの起動、停止、再起動
  • コンテナの修復
  • コンテナの再インストール
  • コンテナのバックアップおよび復元
  • コンテナrootパスワードの変更
  • コンテナ内の特定サービスの起動、停止、再起動
  • Plesk Control Panelなど、コンテナにインストールされた他のコントロールパネルへアクセス
  • コンテナ処理一覧の表示およびシグナルの送信
  • 現在のリソース消費量およびリソース過使用アラート表示
  • Virtuozzoログの表示、その他

3-2/ アクセス方法

Parallels Power Panel(PPP)へは以下の2つの方法でアクセスができます。

1. Parallels Infrastructure Manager(PIM)上からログインする方法
左メニュー「インフラストラクチャ」から作成したコンテナ名を選択し、「概要」タブの「タスク」項目にある「Power Panelを開きます」をクリックすると、別画面にてPower Panel画面が表示されます。

2. 直接URLからログインする方法
以下URLにアクセスすると、Parallels Power Panel(PPP)のログイン画面が表示されます。ユーザー名に「root」を入力し、パスワードには該当コンテナ作成時に設定したパスワードを入力しログインしてください。

[ログインURL]
https://****IPアドレス****:4643

3-3/ コンテナ起動、停止、再起動

Parallels Power Panel(PPP)へログイン後、画面上部のメニューにてコンテナの[起動][停止][再起動]が行えます。

3-4/ コンテナパスワードの変更

Parallels Power Panel(PPP)へログイン後、左メニュー「コンテナ管理」項目にある「パスワードの変更」より、コンテナパスワードを変更できます。

3-5/ コンテナサービスの管理

Parallels Power Panel(PPP)へのログイン後、左メニュー「コンテナサービス」にアクセスします。システムサービス、システムプロセス、ファイアーウォール、SSH接続の項目があり、各種サービスの設定が行えます。

■コンテナサービス画面

それぞれの機能については以下となります。

システムサービス 各種アプリケーションのデーモンを管理することができます。
ここでデーモンの[再起動][停止][起動]を管理します。
システムプロセス 実行中プロセスの一覧を確認するこができます。
実行中のプロセスに対し、シグナルを送信することができます。
ファイアーウォール iptablesによるネットワーク通信の制御ができます。
SSH接続 ブラウザ上にてSSH接続をが行えます。
※JAVAをONにしておく必要があります。

3-6/ コンテナリソース確認

Parallels Power Panel(PPP)へログイン後、左メニュー「コンテナ管理」項目にある「リソース」より現在利用しているCPUやメモリ、ディスク容量等の確認を行う事ができます。

■リソース確認画面

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド 専用サーバー サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ