GMOクラウド 専用サーバー HDE Controller 5

サポートトップ » GMOクラウド 専用サーバー トップ » HDE Controller 5

ログ管理

サーバー管理においてログの管理は非常に重要な項目となります。
各種ログファイルは /var の領域に蓄積されていくため、ログファイルの増え方が大きい場合は、不要な古いファイルを保持しないように設定することも可能です。

HDE Controllerではログ管理(ログローテート)を管理画面上で容易に設定することが可能です。

管理画面(HDE Controller4.0)へroot、もしくはlcadminでログインします。

https://ドメイン名またはIPアドレス:16590/

ログローテートを設定する

メインメニューにて[ログ管理]ボタンを選択します。


[ローテート]ボタンを選択してください。

ログローテートを設定する

下記の画面にて各種ログのローテート設定を行います。

コメントの右側に表示されている、ファイルのアイコンにカーソルを重ねると、ログファイルの保存されているパスが表示され、確認することができます。

[一般的なログ] /var/log/messages
[電子メール配送ログ] /var/log/maillog
[定期実行ログ] /var/log/cron
[セキュリティログ] /var/log/secure
[FTPログ] /var/log/xferlog
[HDE Controllerのログ] /var/log/lc.log

周期:ログのローテート周期を指定します
世代数:指定した数のファイルを保存します
※ローテートされたログは新しい順に1から番号が振られていきます。

例) /var/log/maillog
世代数:3で指定した場合 maillog.1~maillog.3までの古いファイルを保持します。
※初期値では世代数:4となっています。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド 専用サーバー サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ