GMOクラウド 専用サーバー Plesk9.5

サポートトップ » GMOクラウド 専用サーバー トップ » Plesk9.5

他Pleskバージョンはこちら

ドメインの設定方法

STEP1 ドメインの作成方法

ログイン(admin/代理店アカウント./クライアント)>ドメイン>ツールの[ドメインの作成]

また、既に作成済みの代理店/クライアントにドメインを追加する場合は、以下の手順でもドメインを作成できます。

ログイン(admin)>代理店/クライアント>該当代理店/該当クライアント>ドメインの[ドメインアカウント]>ツールの[ドメインの作成]

※該当代理店またはクライアントに[ドメインの作成]の権限を付与している必要があります。

STEP2 新しいドメインの情報を入力する画面が開きます。

[完了]をクリックで新しくドメインが作られます。また、[次へ]をクリックで、ホスティング設定、リソースの設定を行うことが可能です。
※代理店またはクライアントにドメインを追加した場合、該当アカウントに設定されているホスティング設定、リソースを越える設定することはできません。

<ドメイン作成画面で入力する主な設定項目>

ドメイン名 新規に作成されるドメインの名前になります。
IPアドレスの選択 ご使用可能なIPアドレスから使用したいものを選択します。
ログイン FTPで接続を行う際のアカウントになります。
パスワード FTPで接続を行う際に使用するパスワードになります。

STEP3 Web ホスティングの設定

以下の項目よりホスティング設定が可能です。

ログイン(admin/代理店アカウント/クライアント)>ドメイン>該当ドメイン>Webサイトの[Web ホスティング設定]

許可したい項目をチェックし、[OK]をクリックします。内容が変更され、選択したドメインの管理画面に戻ります。

SSL対応 SSLを利用すると、送受信が暗号化されます。取得されたSSLを有効にしたい場合にチェックをします。
FTPログイン インターネットサイトとPC間でリモートでアップロードまたはダウンロードする際のログインアカウントを設定します。
FTPパスワード FTPアカウントのパスワードを設定します。
ハードディスククォータ FTPアカウントのパスワードを設定します。
システムアクセス システムへのアクセスの制限を設定します。信頼できるユーザだけに許可をすることをお奨め致します。
ApacheASP対応 システムへのアクセスの制限を設定します。信頼できるユーザだけに許可をすることをお奨め致します。
SSI対応 SSIを利用するとWeb文書中に記述したプログラムをWebサーバに処理させ、その結果をWeb文書中に埋め込んでクライアントに送信することができます。アクセスカウンタなどによく利用されます。
PHP対応 PHPを利用すると、動的にWebページを生成することができます。PHPを利用されたい場合にチェックします。
CGI対応 CGIを利用すると、Webサーバにユーザのリクエストに応じて別のプログラムを呼び出させ、そのプログラムにユーザへの応答をさせることができます。※cgi-binディレクトリ内のみCGIは有効となります。

STEP4 リソースの設定

以下の項目よりリソースの設定が可能です。
※代理店またはクライアントにドメインを追加した場合、該当アカウントに設定されているリソースを越える設定することはできません。

ログイン(admin/代理店アカウント/クライアント)>ドメイン>該当ドメイン>アカウントの[権限]

許可したい項目をチェックし、[OK]をクリックします。内容が変更され、選択したドメインの管理画面に戻ります。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド 専用サーバー サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ