GMOクラウド ALTUSアルタス Basicシリーズ ガイド

サポートトップ » GMOクラウド ALTUS(アルタス) トップ  » Basicシリーズ » Plesk 12ガイド » Plesk導入の前に

サービスご利用に関して

Plesk導入の前に

Pleskを導入するには、下記の設定が必要です。

仮想サーバーを作成

1. Plesk対応のテンプレートを選ぶ

Pleskを利用する仮想サーバーを作成してください。
Plesk 12をご利用いただく場合は仮想サーバー作成時にPlesk 12対応のOSテンプレートを選択してください。(OSテンプレート名に「Plesk 12」の記載があるもの)

2. 仮想サーバーサイズの選択

Pleskを利用する仮想サーバーは、リソースパックもしくは完全従量でお申し込みください。
動作条件として、Custom Server(※)で以下のスペック以上での仮想サーバーの作成をお勧めします。
メモリ:512MB以上(多数のアカウントをホスティングする場合は1GB以上でご利用ください)

  • Custom Serverをご利用になる場合は、リソースパックをご購入いただくとお得です。
    詳しくはプランご案内よりご確認ください。

※データディスクを追加している場合
データディスクのアタッチ行っただけでは、ドメイン用の領域として認識されないため、下記の作業を行ってください。

3.シェル操作でマウント

セキュリティグループの作成

Pleskを使ってwebを公開する場合、セキュリティグループで下記の受信規則と、送信規則を追加してください。

<受信規則>
プロトコル 開始ポート 終了ポート CIDR 備考
TCP 8880 8880 0.0.0.0/0
または
接続元IPアドレス
Pleskへhttpで接続するポート
TCP 8443 8443 Pleskへhttpsで接続するポート
TCP 8447 8447 Pleskのアップグレード及び
アップグレードへのアクセスに必要なポート
TCP 80 80 http接続に必要なポート
TCP 443 443 https接続に必要なポート
TCP 20 20 FTP - データ転送ポート
TCP 21 21 FTP - コントロールポート
TCP 22 22 SSHやSCP/SFTPなどに用いられるポート
  • ※ 0.0.0.0/0と設定した場合は、全てのIPアドレスからアクセスが可能になります。
  • ※ 接続元IPアドレスには必ずサブネットマスクをつけてください。 例)接続元IPアドレス/32
  • ※ その他お客さまで必要なサービスに使うポートは追加をお願いします。
<送信規則>

設定なしの場合は、全てのポートが開いている状態ですが、ポートを指定する場合、他のポートが全て閉じる仕様となります。 ポートを指定する場合は、Pleskの仕様上、以下のポートを開ける必要があります。

プロトコル 開始ポート 終了ポート CIDR 備考
TCP 5224 5224 0.0.0.0/0 Pleskライセンス更新で接続するポート
TCP 8080 8080 システム管理用ポート

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド ALTUS サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ