GMOクラウド ALTUSアルタス Basicシリーズ ガイド

サポートトップ » GMOクラウド ALTUS(アルタス) トップ » Basicシリーズ » コンソールガイド » スタティックNATの設定

サービスご利用に関して

スタティックNATの設定

ここでは、外部から仮想サーバーに1対1でIPアドレスの紐付けを行うスタティックNATの設定について記載します。

  • スタティックNATの有効化は追加されたグローバルIPアドレスのみで行えます。
    グローバルIPアドレスの追加の手順はIPアドレスの追加をご参照ください。
  • 1つの仮想サーバーに2つ以上のIPアドレスを割り当てされたい場合は、 セカンダリーIPアドレスの追加を事前に行ってください。
    グローバルIPアドレス1つにつき、セカンダリー(ローカル)IPアドレスが1つ必要となります。
  • セカンダリーIPアドレスの追加の設定をしているVMを削除する場合は、必ずスタティックNATを有効化を解除してからVMを削除してください。
STEP1 IPアドレスの表示画面(左メニュー[ネットワーク]>[defaultGuestNetwork]>[表示 - IPアドレス])で、該当IPアドレスをクリック

STEP2 アクションメニューの[スタティックNATの有効化](左側のアイコン)をクリック

STEP3 割り当て対象の仮想サーバーを選択し、[適用]をクリック

STEP4 確認画面の[はい]をクリック

完了後、グローバルIPアドレスとして仮想サーバーへの通信が可能となります。

  • 初期状態では通信は受信は制限(拒否)されているため、割り当てたIPアドレスからの通信を可能にするには、セキュリティーグループの「受信規則」の設定を行ってください。なお、「送信規則」については初期状態では制限はされておりません。
    セキュリティーグループの設定方法については セキュリティーグループの作成をご参照ください。

このガイドで問題は解決しましたか?

ご回答ありがとうございました。

引き続きGMOクラウド サポートサイトをご利用ください。

ご回答ありがとうございました。

GMOクラウド ALTUS サポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ